国際

イラン司令官殺害、揺らぐ根拠 米大統領、脅威有無は問題でない

 トランプ米大統領=13日、ニューオーリンズ(UPI=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は13日、米軍が殺害したイラン精鋭部隊のソレイマニ司令官が米側に切迫した脅威を与えていたかどうかについて「彼の恐ろしい経歴を考えれば、大した問題ではない」とツイートした。「自衛権行使」として殺害を正当化する根拠について、トランプ政権の説明が揺らいでいる。

 トランプ氏は10日、殺害の根拠を説明しないことへの批判の高まりを受け、ソレイマニ氏が米国の「四つの大使館」に攻撃を計画していたと主張。だが、CNNテレビは13日、国務省当局者2人の話として、同省が具体的な脅威について特定の在外公館に注意喚起したことはなかったと報じた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス