芸能・文化

カンヌ映画祭審査員長にリー監督 アフリカ系米国人で初、5月開幕

 スパイク・リー監督(ロイター=共同)

 【ストラスブール(フランス)共同】フランスの南部カンヌで5月12~23日に開かれる第73回カンヌ国際映画祭の事務局は14日、審査員長に映画「ドゥ・ザ・ライト・シング」などで知られる米国の映画監督スパイク・リー氏を任命したと発表した。

 カンヌ映画祭でアフリカ系米国人が審査員長を務めるのは初めて。リー氏は声明で「私の監督としてのキャリアにも大きな影響を及ぼした」とコメントした。

 リー氏は米国内の人種差別を描いた「ドゥ・ザ・ライト・シング」が、1989年に初めてコンペティション部門に選ばれた。「ブラック・クランズマン」で2018年に審査員特別大賞を受賞した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス