スポーツ

日本ハム中田、筋力強化で充実感 打点重視で復調へ

 トレーニング施設で鍛える日本ハム・中田=大阪市

 日本ハムの中田翔内野手が15日、大阪市内のトレーニング施設でスクワットなどで筋力強化に励んだ。粘り強い打撃を求め、内ももの内転筋を意識して鍛え「(体は)パンパン。いい感覚がある。一年間、戦える体づくりがテーマ」と気持ち良さそうに汗を拭った。

 昨季は打率2割4分2厘、24本塁打、80打点と軒並み数字が低下。8月には右手を痛めて約2週間離脱したとあって「143試合に出ないと意味がない」とチームが失速した責任を口にした。

 今季は打点にこだわるといい、打点王に輝いた2016年の110打点を強く意識し「そこを超えたい」とやる気をみなぎらせた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス