スポーツ

大坂、ナダルらがテニス慈善試合 豪森林火災の被災者支援

 オーストラリアで拡大する森林火災の被災者支援の慈善試合に出場し、シチパスと抱き合う大坂なおみ=15日、メルボルン(ゲッティ=共同)

 【メルボルン共同】オーストラリアで被害が拡大する森林火災の被災者支援を目的としたテニスの慈善試合が15日、メルボルンで行われ、女子の大坂なおみ(日清食品)やセリーナ・ウィリアムズ(米国)、男子のラファエル・ナダル(スペイン)らトップ選手が参加した。

 このイベントは20日に開幕する全豪オープンのセンターコートで行われ、2チームに分かれて対抗戦を実施。大坂はステファノス・シチパス(ギリシャ)と組んで、混合ダブルスをプレーした。

 選手からは大会賞金の寄付の申し出があるほか、サービスエースの数に応じて寄付を実施するなどの支援活動が始まっている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス