スポーツ

バスケ3人制、予選控え強化合宿 女子代表、インド想定し室温高め

 バスケットボール3人制女子代表の強化合宿でシュートを放つ馬瓜ステファニー=東京都内

 東京五輪の新種目として実施されるバスケットボール3人制で、3月に五輪予選(インド)を控えた女子日本代表が15日、東京都内で報道陣に強化合宿を公開した。

 練習場内の室温は開催地の気候を想定して高めに設定。普段はWリーグなど5人制でプレーする選手たちは1対1での抜き合いや、リバウンドなど特定の場面からの攻守、実戦形式の練習など3人制に特化したメニューで約3時間汗を流した。

 昨年のU23ワールドカップ優勝メンバーの馬瓜ステファニーは「最初はいいテンポではなかったが、ゲーム形式ではみんなのいいところが出た」と久々の3人制の練習で感覚を取り戻した様子だった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス