スポーツ

バド桃田選手、異常なく退院 「早く元気なプレーを」

 桃田賢斗選手

 遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれて負傷したバドミントン男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗選手(25)が17日、入院していた東京都内の病院を退院した。所属するNTT東日本が発表した。15日に帰国して精密検査を受け、マレーシアで診断された顔面3カ所の裂傷と全身打撲を除き「身体面に異常なし」とされた。

 所属先を通じて「事故後、多くのご支援をいただき本当にありがとうございました。当面は静養することになりますが、心身の回復に努め、一日も早く元気なプレーをお見せし、支えてくださっている皆様に恩返しをしていきたいと考えています」とのコメントを発表した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス