国際

ロシア外相、日米同盟に懸念表明 地上型イージスで説明も要求

 17日、モスクワのロシア外務省で記者会見するラブロフ外相代行(共同)

 【モスクワ共同】ロシアのラブロフ外相代行は17日、日本との平和条約締結交渉に関連して日米同盟に言及、ロシアを敵視する米国の政策に日本が巻き込まれることを懸念していると述べた。恒例の年頭記者会見で共同通信の質問に答えた。

 また、日本が導入を進める米国製の地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」には攻撃ミサイルが配備される可能性があると指摘し、改めて日本に説明を求める姿勢を示した。

 メドベージェフ内閣が15日に総辞職したことに伴い、後任のミシュスチン首相が率いる内閣が近く発足するまで、ラブロフ氏は外相代行となる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス