くらし

ペンギン赤ちゃんようこそ 3羽相次ぎ誕生、和歌山

 「アドベンチャーワールド」で相次ぎ誕生したキングペンギンの赤ちゃん=20日、和歌山県白浜町

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で8~16日、キングペンギンの赤ちゃん3羽が相次ぎ誕生した。施設によると、さらに有精卵数個が確認されており、2月初めにかけても生まれそうだ。

 施設によると、いずれも現段階での性別は不明で、生まれた時は200グラム余り。重みでつぶされないよう、当分の間、親鳥と離して育てる。ひな3羽を同時に飼育するのはめったにないといい、生クリームやニシンの切り身、オキアミを流動食にして与えている。

 300グラムほどに成長して体力がついたら親の元に返す。泳げるようになるのは半年後という。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス