経済

全国の信金と47CLUBが連携 取引先の販路拡大を支援

 包括連携協定を締結した47CLUBの栗田健一郎社長(左)と城南信用金庫の川本恭治理事長=20日午後、東京都内

 全国の信用金庫が取引先の中小企業の販路拡大を支援するために設立した「よい仕事おこしネットワーク」は20日、インターネット通販サイト運営会社「47CLUB」と包括連携協定を結んだと発表した。販売方法に関するセミナーや商談会を共同で実施し、47CLUBに取引先の商品を掲載してもらうことを目指す。

 よい仕事ネットの運営を担う城南信用金庫(東京)の川本恭治理事長は、東京都内で開いた記者会見で「まだ世の中に知られていない商品を全国に紹介してもらいたい」と話した。47CLUBの栗田健一郎社長は「地方紙の発信力や信金の知恵を結集させたい」と意欲を示した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス