伊方3号機、検査で燃料落下信号 トラブル続き、四国電力が謝罪

 四国電力は20日、定期検査中の伊方原発3号機(愛媛県伊方町)で、使用済み核燃料プール内の燃料をクレーンで移動させていた際、燃料の落下を示す信号が発信されたと発表した。実際に落下はなく、点検装置に正しく挿入されなかったためとみられる。外部への放射能漏れはないとしている。

 四国電によると、手動でクレーンを操作し、燃料をつり上げて点検装置に挿入しようとしたが、装置の枠に乗り上げた。クレーンに伝わる荷重が急に減少したため、20日午後2時20分ごろに落下信号が発信されたとみられる。四国電は「トラブルが続き申し訳ない。気を引き締めたい」としている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス