国際

米中西部で銃撃事件、2人死亡 15人負傷、うち3人は重体

 【ニューヨーク共同】米中西部ミズーリ州カンザスシティーで19日深夜、銃撃事件があり、少なくとも2人が死亡、15人が負傷した。うち3人は重体という。米メディアが伝えた。

 市内のバーで、入り口に並んでいた客らに向け男が発砲した。死亡したのはこの男と客とみられる女性で、動機など詳細は不明。この日は、米プロフットボールNFLのプレーオフで地元チームが勝利、客らは祝賀のために集まっていたとみられる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス