社会

武蔵小杉タワマン住民が要望書 浸水対策で川崎市長に

 台風19号の影響で、停電した武蔵小杉エリアのタワーマンション(中央)=2019年10月、川崎市中原区

 昨年の台風19号で川崎市中原区の武蔵小杉駅周辺のタワーマンションが浸水した問題を巡り、被災したタワマンを含む12棟の住民らが、同市の福田紀彦市長に再発防止を求める要望書を手渡した。多摩川の水が排水管から逆流し被害が生じたことを踏まえ、完全な逆流防止策のほか、マンション予備電源の高層階移設への支援、避難場所確保を盛り込んだ。

 12棟の管理組合が加盟するNPO法人が要望書をまとめ、安藤均理事長が提出。市長は「課題は認識している。一緒にどうするか考えていきたい」と応じた。

 要望書では、逆流を検知するシステムを設置し、浸水を起こさない適切な水門の開閉を要求した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス