社会

五輪マラソン控えテロ対策訓練 爆発想定、北海道や札幌市

 東京五輪マラソンなどの開催に向け、北海道庁で行われたテロ対策訓練=21日午後

 国や北海道、札幌市は21日、夏の東京五輪のマラソンと競歩などが開催される札幌市で、国民保護法に基づくテロ対策の図上訓練を実施した。関係機関による情報共有など連携強化を図る狙い。

 道によると、スポーツイベントを開催中の札幌ドームで大規模な爆発が2度起こり、観客などに多数の死傷者が出たと想定。国際テロ組織が犯行声明を出した後、市中心部でも爆発物が見つかったとのシナリオで行った。道と市を含む19の関係機関約220人が参加した。

 道庁に設けられた対策本部では、内閣官房や消防庁、自衛隊などの関係機関の職員が駆け付け、被害状況の把握や負傷者搬送などの手順を確認した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス