経済

トヨタ、36万台リコール タカタ製エアバッグ不具合

 トヨタ自動車は22日、タカタ製エアバッグの部品に不具合の恐れがあるとして「ヴィッツ」「カローラ」など21車種計2万945台(1997年2月~99年8月生産)のリコールを国土交通省に届け出た。北米や欧州を含む海外でも約34万台をリコールする方針で、計36万台規模に達する見通しだ。

 オーストラリアで部品の異常が原因と疑われる死亡事故が発生し、国交省が昨年12月、トヨタなど7社に調査を指示。国交省は22日、日本でのリコール対象は各社合計で16万~17万台程度になる可能性があると明らかにした。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス