経済

ガソリン11週連続値上がり 全国平均151円60銭

 ガソリンスタンド=さいたま市内

 経済産業省が22日発表した20日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、14日時点の前回調査と比べて50銭高い151円60銭だった。11週連続で値上がりした。151円台は2週連続で、今週は2018年11月以来、約1年2カ月ぶりの高値水準となった。

 調査した石油情報センターによると、米軍によるイラン司令官殺害で米イラン情勢が緊迫化して原油価格が上がり、小売価格に転嫁された。来週は両国の戦争回避姿勢が伝わったことで、原油供給の懸念が緩和し、値下がりを予想する。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス