新型肺炎、香港でも感染疑い 武漢の男性を隔離

 【香港共同】香港政府は22日、新型コロナウイルスによる肺炎の疑いが強い患者が確認されたと発表した。中国湖北省武漢市の男性(39)で、同市から高速鉄道に乗り、21日夜に香港入りした。病院で隔離されて治療を受けている。

 発表によると、男性は香港の駅に到着した際、検疫で発熱が判明し、病院に送られた。香港政府は、男性の座席の前後2列の乗客は隔離が必要だとして、列車番号などを公開し名乗り出るよう呼び掛けている。

 男性に同行していた家族4人は肺炎の症状がなかったため、香港で1泊した後、22日に香港を離れ、既にマニラ入りしたという。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス