社会

アスベスト訴訟で国に賠償命令 825万円、静岡地裁

 左官の仕事に就いていた静岡市の岩崎弘さん=当時(56)=が肺がんを患い、2004年に死亡したのは建設現場のアスベスト(石綿)に対し国が適切な措置を取らなかったのが原因として、遺族3人が国に3850万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、静岡地裁(小池あゆみ裁判長)は23日、825万円の賠償を命じた。

 建設アスベストを巡っては、全国6地裁で元労働者や個人事業主による集団訴訟が起こされ、国や建材メーカーの責任を広く認める判断が定着しつつある。

 岩崎さんは1961~2003年、石綿を含む混和剤をセメントに混ぜる作業などに従事した。04年1月に肺がんで死亡した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス