中国、肺炎封じ込めへ全土厳戒 春節に合わせ、武漢の邦人感染か

 中国・武漢から成田空港に到着し、検疫を通過する乗客ら。手前は体温をサーモグラフィーで測定する検疫官=23日午後

 【北京共同】中国で新型コロナウイルスによる肺炎が急拡大する中、中国政府は23日、24日からの春節(旧正月)の大型連休に合わせ、封じ込めに向け全土で厳戒態勢に入った。習近平指導部は肺炎が発生した湖北省武漢市から出る航空便や列車を停止し事実上「封鎖」したが、帰省などで延べ30億人の大移動が見込まれ、拡大阻止は難航が予想される。

 岡田直樹官房副長官は23日の記者会見で、武漢市で日本人1人が重度の肺炎を発症し、入院していると明らかにした。新型肺炎かどうか確認中という。岡田氏は「引き続き適切な支援を行う」とした上で「不要不急の渡航はやめてほしい」と呼び掛けた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス