社会

町長の現金返還、きっかけは報道 佐賀・玄海、自宅で1年半保管

 福井県敦賀市の建設会社「塩浜工業」側からの現金受領について、記者会見する佐賀県玄海町の脇山伸太郎町長=23日午後、玄海町役場

 福井県敦賀市の建設会社「塩浜工業」側から2018年7月、現金100万円を受け取った佐賀県玄海町の脇山伸太郎町長(63)は23日、町役場で開いた記者会見で、福井県高浜町の元助役森山栄治氏(故人)が塩浜工業に関わっていたことを昨年12月に報道で知り、返還を決意したと認めた。報道がなければ使っていた可能性もあり、1年半近く自宅で保管していた対応に対し、責任を問う声が強まりそうだ。

 共同通信は昨年12月3日、塩浜工業が、関西電力役員らに多額の金品を贈っていた森山氏に毎月50万円の顧問料を支払っていたとする記事を配信。4日付の佐賀新聞にも掲載された。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス