芸能・文化

将棋の谷川九段、B級2組に降級 名人戦順位戦、1組で2勝9敗

 谷川浩司九段

 将棋の第78期名人戦順位戦B級1組は23日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、永世名人の資格を持つ谷川浩司九段(57)が千田翔太七段(25)に敗れ、通算成績2勝9敗で最終局を待たずに同2組へ降級が決まった。

 これまで、永世名人有資格者でB級2組に在籍した棋士はいない。

 谷川九段は順位戦で最上位のA級に名人在位5期を含む32期連続で在籍したが、2014年、第72期にB級1組へ陥落していた。名人挑戦者を決める順位戦はA級からC級2組まで5クラスあり、B級2組は上から3番目に当たる。

 1976年にプロ入り。タイトル通算27期獲得などトップ棋士として長く活躍した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス