国際

EU、紛争解決手続きの日程延長 イラン核合意巡り、制裁復活に道

 【ブリュッセル共同】イラン核合意の当事国、英仏独が14日に発動を発表した国連イラン制裁復活に道を開く「紛争解決手続き」のスケジュールが延長されることになった。欧州連合(EU)のボレル外交安全保障上級代表が24日発表した。「問題の複雑さ」から協議に時間を要するためとしている。中ロを含む全当事国は「専門家協議の継続」で合意した。

 延長幅は明らかにされていない。同手続きは当事国の高官や外相級協議などで35日間、違反状態の解決を図り、不調なら国連安全保障理事会に通知することが原則だが、当事国の合意で日程延長は可能。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス