スポーツ

W杯ジャンプ女子、高梨は4位 個人第8戦、ヘルツルが優勝

 W杯ジャンプ女子個人第8戦で4位だった高梨沙羅=ルシュノブ(共同)

 【ルシュノブ(ルーマニア)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は25日、ルーマニアのルシュノブで個人第8戦(ヒルサイズ=HS97メートル)が行われ、高梨沙羅(クラレ)は91メートル、92・5メートルの合計233・6点で4位だった。

 キアラ・ヘルツル(オーストリア)が2回目に最長不倒の99メートルを飛び、1回目5位から逆転。247・6点で今季、通算とも2勝目を挙げた。丸山希(明大)は11位、伊藤有希(土屋ホーム)は13位、勢藤優花(北海道ハイテクAC)は21位。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス