スポーツ

横審、両横綱に奮起促す 白鵬のかち上げに苦言も

 横綱審議委員会の定例会合後、記者会見する矢野弘典委員長=27日午後、東京・両国国技館

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会は27日、東京・両国国技館で定例会合を開き、初場所の序盤戦で途中休場した白鵬、鶴竜の両横綱に奮起を促した。矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は「第一人者の自覚を持ってほしい。横綱は土俵に立つことが大事。早くけがを治し、来場所は戻ってきてほしい」と求めた。

 白鵬には肘付近をぶつけるようなかち上げなどに改めて苦言。以前から粗暴だと指摘していた取り口は「ルール違反ではない」とした上で「大関以下がそういう技を使うのと違う。より高い基準で自分を律して臨んでほしい」と述べた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス