スポーツ

FC東京がACL本大会へ 鹿島はプレーオフ敗退

 FC東京―セレス・ネグロス 後半、先制ゴールを決めるFC東京・室屋(右端)=味スタ

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場を懸けたプレーオフが28日、東京・味の素スタジアムなどで行われ、J1昨季2位のFC東京が本大会に進んだが、同3位の鹿島は日本のクラブで初めてプレーオフで敗退した。

 FC東京は室屋らのゴールでセレス・ネグロス(フィリピン)を2―0で下し、4年ぶり3度目の出場。1次リーグでは蔚山(韓国)上海申花(中国)などと同じF組に入る。鹿島は後半の立ち上がりに失点してメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)に0―1で敗れた。

 日本から横浜Mと神戸も参戦する東地区の1次リーグは2月11、12日に初戦が行われる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス