経済

英、5Gにファーウェイ限定容認 米との通商協議に影響も

 【ロンドン共同】英政府は28日、第5世代(5G)移動通信システムに、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)製機器を限定的に採用することを容認した。同日の国家安全保障会議で決定した。

 トランプ米政権は安全保障上の懸念からファーウェイ製品の排除を求めていた。英政府の決定が、欧州連合(EU)からの離脱後に始まる米国との通商協議に影響を与える可能性がある。

 英政府の発表によると、ファーウェイなどを高リスク事業者とみなし、原子力発電所や軍事施設など安全保障上重要な通信網から排除する。非中核の通信網に関しても、採用に上限を設ける。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス