国際

カタルーニャ、議会選を前倒しへ 独立派2党の対立で州首相が表明

 カタルーニャ自治州の独立派トラ州首相=29日、スペイン・バルセロナ(AP=共同)

 【パリ共同】スペイン北東部カタルーニャ自治州の独立派トラ州首相は29日、州議会選挙を前倒しで行う意向を表明した。連立で州政府をつくる独立派2党の対立が原因。日程は予算案可決後に示すとした。可決まで約2カ月かかる可能性がある。スペイン通信が伝えた。

 議会任期は2021年まで。州政府は、プチデモン前州首相が率い、トラ氏の属する保守系「カタルーニャのための連合(JXC)」とジュンケラス前州副首相の左派系「カタルーニャ共和左派(ERC)」で構成。両党は独立を目指すことでは一致するが、中央政府との向き合い方などを巡り溝が深まっていた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス