中国本土全域で新型肺炎 7千人感染、170人死亡

 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(中国疾病予防コントロールセンター、GISAID提供)

 【北京共同】中国国家衛生健康委員会は30日、チベット自治区で新型コロナウイルスによる肺炎患者を確認したと発表した。31の省・自治区・直轄市全てで感染者が出たことになり、感染は本土全域に広がった。中国本土の死者は170人、感染者は7711人になった。

 新型肺炎が発生した武漢市のある湖北省は30日、省内の感染者が1日で新たに1032人増え計4586人になったと発表した。肺炎による死者も37人増え計162人。危篤は277人で、重症は711人。

 チベット自治区で30日までに1人の感染疑い例が確認され、当局が検査を進めていた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス