経済

中国発日本便、2月は予約半減 ANA、新型肺炎で

 記者会見するANAホールディングスの福沢一郎取締役=30日午後、東京都内

 ANAホールディングス(HD)は30日、傘下の全日本空輸で2月の中国発日本行きの便の予約が前年と比べて半減していると明らかにした。新型コロナウイルスによる肺炎の影響が大きく、日本発中国行きの予約も4割減となっている。

 ANAHDの福沢一郎取締役は都内で開いた決算記者会見で、肺炎の感染拡大に関し「ネガティブな要素ということは否めない」と懸念を示した。中国路線は国際線の売り上げの約1割を占めており、業績への影響を見極める考えだ。

 全日空は既に成田―武漢便(1日1往復)の運航を2月いっぱい取りやめることを決めている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス