経済

3社連合、5月に中期経営計画 日産、ルノーなど共同開発拡大

 定例会合を終え取材に応じるルノーのジャンドミニク・スナール会長(中央右)。右端は日産自動車の内田誠社長兼CEO、左端は三菱自動車の益子修会長=30日夜、横浜市西区

 日産自動車と三菱自動車、フランス大手ルノーの3社連合は30日、横浜市の日産本社で協業の強化を図るための定例会合を開いた。終了後に3社のトップが記者団の取材に応じ、5月をめどにそれぞれが中期経営計画を発表すると明らかにした。これまで車台部分で取り組んできた共同開発をボディーなどに拡大する方針も示した。

 会合には日産の内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)や三菱自の益子修会長、ルノーのジャンドミニク・スナール会長らが出席した。内田氏は会合終了後「3社の独立性を維持しながら競争力を高めたい」と述べた。スナール氏は、連携強化以外に「選択の余地はない」と述べた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス