国際

豪首都キャンベラで非常事態宣言 森林火災悪化の恐れ

 【シドニー共同】オーストラリア首都特別地域のバー首席大臣は31日、今週末、熱波の影響によりキャンベラ周辺で森林火災が悪化する恐れがあるとして非常事態を宣言した。同地域の非常事態宣言は2003年以来。

 同地域にあるナマッジ国立公園での火災に手が付けられず、バー氏は「猛暑、風、乾燥の組み合わせでキャンベラ南方の郊外が危険にさらされるだろう」と述べた。

 オーストラリアでは高温や乾燥の影響で昨年9月以降、森林火災が続いている。地元メディアによると、日本の面積の半分近い17万平方キロ以上が焼失し、30人以上が死亡。動物にも甚大な被害が出ている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス