スポーツ

阪神、マスク着用でファン対応へ 春季キャンプで肺炎予防

 新型コロナウイルスによる肺炎拡大などを受け、プロ野球阪神は沖縄県宜野座村での春季キャンプ開始を翌日に控えた31日、選手がサインなどのファンサービスを行う際にはマスクを着用すると発表した。

 球団は同日に読谷村で行われたミーティングで選手にマスクを着用するように話をした。インフルエンザ予防も含めた措置で、異例のファン対応となるものの、対策への理解を求め「ファンの方々も体調管理を徹底し、体調が悪い方はホテルなどで静養していただきたい」と呼び掛けた。取材する報道陣にもマスクの着用や手洗い、うがいなどの励行を要望した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス