武漢帰国者、新たに3人感染 追加検査で判明例も

 厚生労働省は1日、中国湖北省武漢市から日本政府のチャーター機で帰国した邦人の中から新たに3人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。このうち1人は最初の検査では陰性だったが、追加検査で感染が判明した。別の1人は症状のない感染者。国内で報告された患者は15人、無症状の人を含めると20人となった。

 発熱などの症状が出た患者は1月31日に第3便で帰国した40代の男性と29日に第1便で帰国した40代の男性。

 第3便の男性はせきと発熱があり、検査で感染が判明した。第1便の男性は帰国時から熱があったものの直後の検査では陰性だった。追加検査で感染が確認された。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス