くらし

国内最高齢の雌コアラ死ぬ、兵庫 兵庫、人間で110歳以上

 国内最高齢の雌のコアラ「ひかり」(淡路ファームパーク提供)

 兵庫県南あわじ市の観光施設「淡路ファームパーク イングランドの丘」で飼育されていた国内最高齢の雌のコアラ「ひかり」が死んだことが2日、同施設への取材で分かった。監視カメラの映像では、23歳の誕生日だった1日午前0時1分ごろに動かなくなった。老衰とみられる。コアラの平均寿命は15歳程度とされ、人間の110歳以上に相当する。

 ひかりはオーストラリア生まれで、2003年から同施設が飼っていた。1日朝、飼育員が死んでいるのを見つけた。半年以上前から筋力が衰え、1月31日夕からえさをあまり食べなかった。

 国内最高齢のコアラは同施設の23歳の雌「みどり」になった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス