国際

ロシア、独救援機の着陸許さず 武漢から退避、反発も

 【ベルリン共同】ドイツのクランプカレンバウアー国防相は1日、新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国・武漢から退避するドイツ人らを乗せて帰国中だった空軍救援機がモスクワでの一時着陸を許可されなかったと述べた。ドイツ政界からはロシアへの反発も出ている。ドイツメディアが報じた。

 空軍機は1日、約120人を乗せて武漢の空港を出発した。ロシアから上空の飛行許可を得ており、乗員交代のためモスクワの空港への一時着陸を計画。許可も得られる見通しだったが、ロシア側は空港の能力不足を理由に許可を出さず、空軍機はフィンランドで乗員を交代した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス