くらし

北海道陸別で「人間耐寒テスト」 氷のかまくらで一夜

 「人間耐寒テスト」で、北海道陸別町の屋外で夜を過ごす参加者=1日

 「日本一寒い町」と言われる北海道陸別町で1~2日、屋外の氷のかまくらで一夜を過ごす人気イベント「人間耐寒テスト」が行われた。寒さを観光資源として売り込もうと開かれた「しばれフェスティバル」の一環で、全国から訪れた約200人が体を震わせながら耐え抜いた。

 フェスティバルは今年39回目で、町有志による実行委員会が運営。「しばれる」は、北海道の方言で、厳しく冷え込むことを指す。防寒着を着込んだ参加者たちは、暖房器具が無いかまくらやテントの中で我慢し、朝には認定証を授与された。

 2日午前の町の最低気温は氷点下15・8度。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス