経済

中国の中央銀行、18兆円供給へ 連休明け金融市場

 北京の中国人民銀行

 【北京共同】中国人民銀行(中央銀行)は2日、3日に公開市場操作で1・2兆元(約18兆7千億円)を金融市場に供給すると発表した。新型コロナウイルス感染による肺炎の拡大を受けて春節(旧正月)連休明けの市場が荒れるのは必至で、資金の流動性を確保し、中小企業の資金繰り悪化を防ぐ構えだ。

 3日は延期されていた上海株式市場での取引が再開する。新型肺炎の影響で中国経済への懸念が強まっており、売りが先行して株価が下落するとみられている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス