スポーツ

ジョコビッチが8度目の優勝 全豪オープン、ティエムを下す

 男子シングルス決勝 ドミニク・ティエムと対戦するノバク・ジョコビッチ=メルボルン(共同)

 【メルボルン共同】テニスの四大大会第1戦、全豪オープン最終日は2日、メルボルンで行われ、男子シングルス決勝で第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第5シードのドミニク・ティエム(オーストリア)を6―4、4―6、2―6、6―3、6―4で下し、2年連続8度目の優勝を果たした。

 32歳のジョコビッチは全豪で自身が持つ最多優勝回数を更新し、四大大会で通算17個目のタイトル。優勝賞金412万豪ドル(約3億円)を獲得し、3日付の世界ランキングで2位から1位に復帰する。

 26歳のティエムは、オーストリア勢として25年ぶりの四大大会制覇はならなかった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス