国際

英首相、対EU交渉に強硬姿勢 貿易巡り、早くも波乱含み

 英政府の交渉方針について演説するジョンソン首相=3日、ロンドン(AP=共同)

 【ロンドン共同】英国が欧州連合(EU)から離脱したことを受け、ジョンソン英首相は3日、今後の対EU政策についてロンドンで演説した。当面の懸案となるEUとの貿易交渉で強硬な姿勢を強調、EU側も対抗姿勢を鮮明にし、離脱後の英EU関係は早くも波乱含みの幕開けとなった。

 1月末の離脱後、ジョンソン氏の演説は初めて。EUと始める自由貿易協定(FTA)の締結交渉を巡り、英国内での補助金政策などについて「EUの規則を受け入れる必要はない」と強調した。

 一方、EU欧州委員会も同日、EU規則との調和に基づく公平な競争環境などを要求すると主張、英側を強くけん制した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス