経済

三菱UFJが2年連続減益 3月期予想、海外損失響く

 三菱UFJフィナンシャル・グループは4日、2020年3月期連結決算の純利益予想を従来の9千億円から7500億円に下方修正した。修正前は前期比で増益を見込んでいたが、海外子会社に関する約2千億円の特別損失が響き、2年連続で減益の見通しだ。同時に発表した19年4~12月期の連結決算は純利益が前年同期比33・0%減の5842億円だった。

 他の大手銀行グループ4社も4日までに19年4~12月期の連結決算を発表。三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ、りそなホールディングスが純利益を減らし、三井住友トラスト・ホールディングスは増益を確保した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス