経済

東芝機械、旧村上ファンドを批判 TOB「誰が主体か分からない」

 東芝機械の中期経営計画に関する説明会であいさつする飯村幸生会長=4日午後、東京都内

 工作機械大手の東芝機械の飯村幸生会長は4日、同社に対して株式公開買い付け(TOB)を実施している旧村上ファンド系の投資会社について、「誰が事業体の主体か非常に分かりにくい」と批判した。現在ファンド側に質問状を送付しており、TOBの目的などの回答を得た上で賛否を正式に表明する方針。

 TOBは旧村上ファンド系投資会社オフィスサポートの子会社が1月から実施している。オフィスサポートは東芝機械株の保有比率を高め、内部留保の株主還元などを求めている。

 この日は、2023年度までの中期経営計画を発表し、売上高を1350億円、営業利益率を8・0%に高める目標を掲げた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス