経済

「日本関係者に資金」を否定 エアバス、贈賄問題で

 【ロンドン共同】欧州航空機大手エアバスが航空機の売買契約を巡り世界各国の政府関係者らに贈賄を繰り返していた問題で、同社は4日、日本にいる関係者に違法な資金が渡った疑いがあるとの報道は「事実ではない」と否定した。

 エアバスはこの不正問題に関し、計約36億ユーロ(約4300億円)の罰金を支払うことで米国と英国、フランスの各捜査当局と合意。米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版などは、日本や中国などにいる関係者にも不正資金が流れた疑いがあることを報じた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス