上海日本人学校の再開3月以降 市政府が休校措置を延長

 【上海共同】中国・上海日本人学校は5日、17日に延期していた授業再開を3月以降に先延ばしすることを決めた。上海市政府が5日、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大に伴い、市内の小中高校など全ての学校の臨時休校を2月末まで延長すると発表したことを受けた措置。

 上海市でも感染者が240人以上となり、同市は授業再開時期について状況を見極めて改めて決定するとした。上海日本人学校の臨時休校期間がさらに長引く可能性もあり、在留邦人への影響はますます大きくなっている。

 同校は1月下旬、市の通知に従い、当初予定していた3日の授業再開を17日に延期、今回3月1日まで延ばした。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス