大阪の女性ガイド退院、新型肺炎 濃厚接触者も発症なし

 大阪府の吉村洋文知事は5日の記者会見で、新型コロナウイルスに感染し大阪市内の医療機関に入院していた同市の女性ガイドが回復し、1日に退院したと明らかにした。5日午後の時点で、濃厚接触者に発熱などの症状が出たとの情報はないとした。

 府によると、濃厚接触者はバスツアーに参加した中国人観光客など国外の35人と、医療従事者など日本国内の10人。10人については居住地の自治体から健康状態の報告を受けていた。2週間の健康観察は5日で終わる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス