経済

中国、対米関税の一部引き下げ 8兆円分、肺炎で医療用品も

 中国旗と米国旗(AP=共同)

 【北京共同】中国政府は6日、米国から輸入する約750億ドル(約8兆2400億円)分の製品の追加関税率を引き下げると発表した。1月に米中貿易協議の「第1段階」合意に署名したことを受けた措置。中国政府は「中国と米国の経済、貿易関係の健全で安定した発展を促進する」と強調した。

 14日午後1時1分(日本時間同2時1分)に引き下げる。昨年9月に追加関税を課した製品が対象で、追加関税率が10%の場合は5%に、5%の場合は2・5%に引き下げる。

 対象は海鮮、肉類や野菜など。新型肺炎で国内需要が急増している医療、衛生用品も含まれる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス