経済

マツダ、2・6万台をリコール CX―5、ライト点灯しない恐れ

 マツダは6日、発光ダイオード(LED)の車幅灯や補助灯が点灯しなくなる恐れがあるとして、「CX―5」の2万6818台(2014年11月~15年12月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。ゴム部品に問題がありLED回路が腐食するのが原因。点灯しない不具合が196件確認されている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス