経済

トヨタ「ライズ」初の登録車首位 1月販売、軽含めると全体5位

 トヨタ自動車の小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「ライズ」

 1月の車名別国内新車販売台数は、トヨタ自動車が昨年11月に発売した小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「ライズ」が1万220台となり、軽自動車を除く自動車(登録車)で初の首位となった。軽を含む全体では5位だった。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日発表した。

 全体の1位は2カ月連続でホンダの軽「N―BOX」。販売台数は前年同月比1・2%減の1万8953台だった。2位は日産自動車の軽「デイズ」で1万4266台。3位はスズキの軽「スペーシア」、4位はダイハツ工業の軽「タント」で、広い車内空間を持つ軽自動車が人気を集めた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス