政治

新型肺炎、五輪開催への影響否定 首相「IOCと協議ない」

 衆院本会議で答弁する安倍首相=6日午後

 安倍晋三首相は6日の衆院本会議で、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大に関し、今夏の東京五輪・パラリンピック開催への影響は生じていないとの認識を示した。「世界保健機関(WHO)の緊急事態宣言を受け、大会組織委員会と国際オリンピック委員会(IOC)の間で、東京開催の可否に関わる協議や検討は一切行われていない」と述べた。

 日本経済への影響を巡っては「中国では多くの地域で、移動制限や休業措置などが取られている」と指摘。長期化の場合、中国経済の減速が世界経済全体に波及すると言及し「わが国の企業の輸出や生産に影響が及ぶことも考えられる。注意深く対応する」と強調した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス