政治

秋元議員への立法事務費を保留 衆院「勾留中の申請前例ない」

 衆院議院運営委員会は6日の理事会で、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)に絡む汚職事件で起訴、勾留中の秋元司衆院議員(自民党を離党)による立法事務費の交付申請に関し、対応を保留した。「勾留中の議員からの申請は前例がない」としており、継続協議する。

 一方、日本維新の会を除名された下地幹郎、立憲民主党を離党した初鹿明博両衆院議員への交付については、議運委が維新以外の賛成多数で決めた。立法に関する調査・研究を目的として月65万円が支給される。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス