放射線業務、被ばく管理なし4割 無給医、厚労省に解消要請

 勤務医でつくる労働組合「全国医師ユニオン」などは6日、診療をしたのに給与がほとんど支払われない「無給医」を巡るアンケートの結果を公表した。調査は有効回答数が41と少ないが、放射線を扱う業務で「被ばくが全く管理されていない」との回答が4割を超えるなど、賃金以外の問題も浮上。労組などは厚生労働省に無給医の解消を要請した。

 調査結果によると、回答者の年齢は30代が75・6%と最多で、既婚率は80・5%。給与が「ない」との回答は26・8%、「数万円の援助金のみ」が19・5%を占めた。アルバイトについては「している」が93・1%で、収入の不安定さが示された。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス