国際

韓国、現金化後の追加措置けん制 外相、元徴用工問題で

 【ソウル共同】韓国の康京和外相は6日、韓国メディアを対象に記者会見を開いた。元徴用工訴訟に絡み、原告側が差し押さえた被告日本企業の資産が現金化された場合に日本政府が新たな対抗措置を取る可能性について、「これまでの輸出規制強化も不当であり、日本が追加措置を取るのは簡単ではないだろう」と述べた。日本側をけん制する狙いとみられる。

 韓国政府は日本の輸出規制強化は元徴用工問題への「報復」と主張している。一方、外務省の滝崎成樹アジア大洋州局長と韓国外務省の金丁漢アジア太平洋局長は6日ソウルで会談。韓国側発表によると、元徴用工問題などについて、自らの立場を説明した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス